まにまにまに!

あれもやりたいこれもやりたい、でものんびり生きたい

我が家の家事分担の基本は「好きな方/できる方がやる」

Web上では常に盛り上がっている印象を受ける「夫婦の家事分担」について、我が家の場合を書いてみます。

基本方針は「好きな方がやる」です。
夫は料理と掃除、わたしは洗濯と家計管理あたりです。
好きなので特に苦にならず、お互い率先してやっています。
好きというだけでなく、放置できないから、という理由もありますが……。
(わたしは洗濯ものがたまっているのが我慢なりません)

そしてもう一つ、「できる方がやる」方針です。
当然、好きな家事ばかりではないので、そういうものについてはその時々、できる方がやっています。
細々とした、いわゆる「名前のない家事」も気が付いた方がやります。
また、料理は基本的に夫ですが、平日わたしが先に帰ったときなどはわたしが作ったり、休日の掃除・洗濯など二人でやることもあります。
仕事の忙しさや体調などに応じて臨機応変に、できる方がやればいいというスタンスです。

これらの方針は話し合って決めたりしたわけではなく、いつの間にかそうなっていたというものです。
結婚した頃は分担決めた方がいいのかな、と考えることもありましたが、結婚前の半同棲中にもう前述の分担ができつつあったことと、ルールにしてしまうとできていなかったときに責めてしまいそうな気がして、やめました。
結婚二年目ですが、今のところ上手く回っています。

問題があるとすれば、二人ともが嫌いな家事を「あーやりたくない!」「まあまた後でいいじゃん」「そうだね」と後回しにしがちなことくらいでしょうか……。