まにまにまに!

あれもやりたいこれもやりたい、でものんびり生きたい

夏が来れば思い出したい

今年の夏休みは9日間あり、そのうちの4日ほどを帰省中の妹&姪っ子たちと過ごしました。
4日まるまるではないものの、どれだけ叔母バカなの、と自分でも思います。
きっと夫も思っているだろう……。

4日の内訳としては、実家の庭でプール遊びや花火をしたり、我が家でかき氷を作ったり宝塚を見たり。
そして、丸1日使ってテーマパークへ。
早朝5時出発の深夜24時前帰宅という、運転手である夫が一番ハードな日程になってしまい、次回があれば一泊しようと反省しました。
(今回は立案が遅く、宿が取れなかった)

これまでにも夏のテーマパークなんて何度も経験済みでしたが、幼児2人連れのなんと大変なこと!
なるべく涼しい屋内で過ごしつつ、走り回るのをお追いかけ、水分補給に気を使い、夕方からは抱っこ要求が頻繁に発生する……。
それでも、楽しそうにはしゃぐ姪っ子たちを見ていると、また連れてってあげたいなあ、と思ってしまうのです。
子供の笑顔って恐ろしい。

昭和の終わりに生まれたわたしは、昭和の記憶なんてほとんどなく。
平成の終わりに生まれた彼女たちも、この夏の出来事をいつしか忘れちゃうんだろうなあと思いますが、願わくば、もうしばらくは「maniちゃん!maniちゃん!」と懐いてくれてたらいいな。


今週のお題「#平成最後の夏」